中学受験のための

塾の学生

 中学受験合格を目指すとき、学校と自宅学習以外に塾に通うだけでは、なかなか効果が上がらずに悩む親は少なくありません。
そんな時に塾に加えて家庭教師を併用する方法をとる人が増えています。
大手進学塾は平均以上の高い学力の子どもを対象としており、一人一人に対する手厚いフォローは望めません。
難関校合格を目指してものすごいスピードで学習カリキュラムが組まれている場合が多く、一旦乗り遅れると取り戻すのが大変困難になります。
そのような時に家庭教師を併用していれば、わからないところをじっくりと教えてもらうことができます。
 最近の家庭教師は、有名進学塾のカリキュラムを分析し、教材をよく研究していて、それぞれの塾の特色に合わせた独自のカリキュラムを作成したうえで指導するため、塾に合わせて効率的に無駄なく学習を進めることができ、中学受験合格に必要な力をつけることができます。
 また、中学受験直前には、受験校の過去問に集中的に取り組む必要がありますが、その添削に大きな力を発揮してくれるのは家庭教師です。
間違えた問題の傾向を分析し、合格に向けた対策を練ることで本人に合った学習を進めることができます。
 ただ、家庭教師なら誰でもいいというわけではなく、どのような教師を依頼するかが非常に重要です。
中学受験のノウハウを知らない大学生アルバイトに依頼してしまい、何の効果も得られずお金が無駄になったという失敗例もあります。
しっかりとした中学受験指導能力を身につけているだけでなく、職業意識が高く、子どもの受験を成功させる信念を強く持ったプロ教師を見つけることが、中学受験成功への近道となります。
また子どもとの相性も重要ですので、家庭教師選びは焦らずじっくり情報収集をして、後悔のないよう慎重に進めるべきでしょう。
 このように中学受験に成功するのは、簡単な道のりではありません。
しかし、塾や家庭教師と連携し、親が労を惜しまず親身になって子どもの支えとなってあげれば、必ず成功を掴み取ることができるでしょう。
 

中学受験は特殊

塾の生徒の笑顔

お子さんが中学受験をしたいと思ったら、塾か家庭教師を考えなくてはなりません。
中学受験は決して楽ではありません。
なにしろ、受験しない人が遊んでいるときに必死に勉強しなくてはいけないのですから。
また、まだ小学生ですから親が一緒に勉強してあげなくてはいけません。
まさに、本人だけではなく親も中学受験しているのです。
次に、中学の入試問題を見てみれば分りますが、小学校の教科書レベルではまったく太刀打ちできません。
いや、おとなが考えても分らない問題がいくつも並んでいます。
いくら小学校で成績が良くても、中学入試は解けないのです。
それだけ中学受験は特殊なのです。
だから、塾に通うか家庭教師に来てもらうかということになります。
それも、中学受験を専門に指導している塾か家庭教師が良いでしょう。
塾にするか家庭教師にするかは、環境や本人の性格によって違うので、一概にどちらが良いかはいえません。
塾は長年にわたって中学受験の指導をしているのでどちらかといえば安心です。
しかし、大人数で学習するので出来る生徒はどんどん理解できるのですが、一旦ついていけなくなると置いていかれます。
塾の先生も個別に教える時間がなかなかないのと、やはり合格実績を考えると成績が優秀な生徒のほうにエネルギーを注ぎかねません。
これは先生が悪いのではなく、勉強は自分で頑張るものだからです。
家庭教師であれば自分のペースに合わせて勉強できるし、分らないところはとことん質問して理解することができます。
しかし、自分のペースでということは、周りに競争相手がいないということです。
中学受験は競争ですから、競争相手を常に意識しておくことは重要です。
大きな塾であれば公開模試を行っていますから、何回か受験して現在の学力を把握しておきましょう。
また、中学受験専門の家庭教師を探すことが大事です。
授業料はかかりますが、塾と家庭教師を併用することもできます。
塾で勉強し、苦手な科目や分らないところを家庭教師に教えてもらう方法です。
これであれば専門の家庭教師でなくても大丈夫です。